平成24年3月から健康保険料率と介護保険料率が引き上げられます!

平成24年度の全国健康保険協会の健康保険料率と介護保険料率が発表されました。 

全国健康保険協会の保険料率は各都道府県別に定められておりますが、全国平均の保険料率は23年度の9.50%から0.5%引き上げられ、10.00%となりました。

都道府県別の保険料率では、大阪府は平成23年度の9.56%から0.5%引き上げられる事で、10.06%となります。

介護保険料率につきましても、40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)の保険料率が、平成23年度の1.51%から0.04%引き上げられ、全国一律で1.55%となります。 

なお、この健康保険料率・介護保険料率の適用につきましては、平成24年3月分(4月徴収・納付分)からとなりますので、企業のご担当者様はご注意下さい。

今年度の保険料率引き上げにより、協会けんぽの健康保険料率については3年連続で引き上げられる事となりました。

それにより被保険者の方だけでなく、事業主の負担も増加しております。

当事務所では、年々増加する社会保険料の削減方法についてもアドバイスをさせて頂いております。ご不明な点等がございましたらお気軽にご相談下さい。