産業医を選任する

産業医の選任について

産業医とは

産業医とは会社において労働者の健康管理を行う医師をいいます。労働安全衛生法により一定規模の会社にその選任が義務付けられています。

 

産業医の選任

業種に関係なく労働者数が50人以上3,000人以下の事業場
属託産業医  1名以上選任

労働者数が3000人以上の事業場と常時1,000人以上の労働者を使用する
事業場及び有害業務に常時500人以上の労働者を従事させる事業場
専属産業医  2名以上選任

 

産業医の資格

医師であり以下の要件を満たしていること
1.厚生労働大臣の定める研修を修了していること
現在、「日本医師会産業医学基礎研修」「産業医科大学産業医学基本講座」の2つが認められています。

2.労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、試験区分が「保健衛生」である者

3.大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、助教授または常勤の講師である者、またはかつてあった者

4.平成10年9月末の時点で、産業医としての経験が3年以上である者

 

産業医の届出

産業医を選任したときは、産業医選任報告書を事業所を管轄する労働基準監督署へ届出なければいけません。

tel.jpg