労務トラブル

労働基準監督署の調査とは

突然、労働組合から交渉の申し入れがきたら・・・

今日、労働者の権利意識は非常に高くなってきております。これに伴い、些細なことが労務トラブルとなったり、労働組合に加入し、交渉に臨むケースも出てきております。

中小企業においては労働組合の対策を取られていないところが多いかと思います。ユニオンから急に連絡がきた。どうしよう?

団体交渉の申し入れがあった場合、最初の対応を誤ると不利な条件の交渉を押し付けられ、多額な解決金を要求されかねません。きちんと会社として対応しましょう

早めのご相談をお勧めします。

 

労働基準監督署が調査にこられたら・・・

労働基準監督署の調査には定期監査、申告監査、再監査があります。

定期監査−定期監査とは労働基準監督署が管轄内の会社を選び、監査を行います。

申告監査−社員または退職者からの法令違反の申告が監督署にあった場合に行われる監査で、臨検ともいいます。

再監査−定期監査、申告監査後に是正指導、是正勧告が行われても報告書の提出がない会社や法令違反を繰り返している会社に対して行われます。

 

労務監査のチェック項目

  • 給与の支払条件、賃金規程
  • 残業代の計算方法
  • 労働時間の管理
  • 就業規則や各規程
  • 労働者名簿、賃金台帳、タイムカード
  • 労働契約書の内容        など     

 

よく指摘される労務リスク

  • 残業代の計算方法と未払
  • 労働条件を明示していない
  • 就業規則や36協定の未提出、変更を届け出ていない
  • 賃金台帳やタイムカードが保管されていない  
  • 産業医や衛生管理者が選任されていない      など

 

労働基準監督官がこられたときの対処

  • 真摯に対応する

   うそをつかない、書類の偽造など不誠実な対応は心証を悪くします。

   悪質と判断されれば送検されることもあります。

  • 感情的にならない

   会社の事情や立場を主張することはかまいませんが、感情的になって

   言い争うことは賢明ではありません。冷静に対処しましょう。

 

自社の不備がある場合、きちんと法律にのっとって対応していきましょう。

 

rokisyo_title.png

個別労働関係紛争 あっせんについて

会社と労働者が話し合っても問題が解決しない場合は、「あっせん」という解決方法があります 。労働者または会社どちらからでも、労働局にあっせんを申請することができます。基本的には労働者からの申し立てが多いのが現実です。 年々件数が増えています。

あっせんは労働者が申し立てを行ったとしても、会社が絶対に応じなくてはいけない制度ではありません。

どちらもがお互いに譲歩の気持ちがなければ、ここでの問題解決はありません。0円解決はありません。高額の解決も基本的にはありません。

裁判所ではないので細かい、きっちりとした証拠調べなどはしません。裁判になるとお金も時間もかかるし、労務問題で悩むより解決しようという気持ちがあるかどうかで答えは違ってきます。会社も労働者も気持ちの行き違いがあるので、応じてみるのも一つの考え方です。

ここで会社が応じない場合、労働審判が非常に敷居が低くなっていますので、労働審判に移行するケースが非常に増えています。

監督署からあっせんの申し立てが届いたら・・・・rodokyoku_title.png

労務監査の対処は当事務所へ

田井中労務行政事務所では労働基準監督署の監査・是正勧告について、下記のサービスを提供しております。


労務監査の立会

労務監査時に立ち会うことで反論・弁解を行います。


労働基準監督署との交渉

是正勧告について是正へのスケジュール調整や指摘された内容についての事実確認、また事実と異なる場合は反論などの折衝を行います。


労働基準監督署への報告書の作成・提出

是正勧告を受けたら、改善を行いその後、改善報告書を提出しなければいけません。その報告書の作成・提出をいたします。


社員への説明

是正勧告の内容によっては労働条件の不利益変更もあり得ます。このような場合は社員への説明と同意が不可欠となります。

説明会で使用するレジュメ、同意書を作成するとともに、スムーズに変更されるよう手順や方法を提供いたします。


tel.jpg